「この世にない世界 – 昔話のかけら」へ、ようこそ。

小さな絵が壁にたくさんかけられている、薄暗い写真

こんにちは。サイト管理人、そだひさこです。
たいへんご無沙汰しておりました。

このサイト面白くないから、変えます。

小さな絵が壁にたくさんかけられている、薄暗い写真
Photo by Yusuf Evli on Unsplash

このサイトを立ち上げたのは2018年6月。その後10月まではなんとか頑張って更新を続けてきましたが、二つの理由で中断していました。

ひとつは、仕事が忙しくなって時間が作れなくなったこと。
もうひとつは、これが致命的なんですが、書いている自分自身が「このサイト面白くない」と気づいたこと。

後者がなければ時間くらいは頑張って作れるはずなんですが、そうできなかったのはやはり後者があったから。

でも私は昔話の「不思議で美しい世界」のかけらを集めた場所が欲しいのです。
その場所としてここを用意したのです。

せっかくの私の心の拠り所となるべき場所を、本当にそうなるように仕上げるにはどうしたらいいのか。
後者の、面白くない原因をすべて排除すればいいじゃないか。ということになります。

私が感じた面白くない原因として、

  • 疲れているときに読むと何も頭に入ってこない。
  • 疲れていないときに読んでもちょっと面倒くさい。
  • なかなか更新されない。

記事を書いていた自分でさえ、こんな感想を持つのですから、読みに来てくださった皆さんには大変なご苦労をおかけしたかと思います。

この、何も頭に入ってこない面倒くささの原因はというと、「昔話の出来事ひとつひとつをパーツにして、パズルのように組み合わせて、新しいお話を作る」ことを目的に、パーツの製作をしようとしていること。

その過程がまた、あらすじを紹介したり、道のりを図解したり、吹き出しで話を追ってみたり、なんかいちいち面倒くさい。そして、字ばっかりで面白くない。吹き出しのアイコンとアイキャッチ画像は使ってはいるものの、とくに心を惹くものではないし。

ぶっちゃけ、パーツだけ載せておけばいい話でしょ。(-_-;)

でもね。

パーツももう公開するほどのものはできないと思うので、諦めました。
自分の脳内だけでやっときます。

それなら、どうするか。絵だ。

さいきん常に疲れている状態の私でも面白いと思えるのは「絵」です。何も考えなくても見た瞬間に頭に入ってきます

なので、昔話の「不思議で美しい世界」のかけらを集めた場所として、このサイトに、絵を描きためていくことにします

モチーフは以前同様、国際昔話話型カタログを参考に拾っていきます。この本大好き。そして、モチーフをノートに書きためてから、絵を描き始める予定でいます。

私は絵は下手ですが、下手なりに、描いてるときは楽しいので、少しずつでもまた更新していけるように努めたいと思います。

以上、2019.8.11日追記分でした。

– – – – –

(↓は以前のフロントページです。まだリニューアル作業に入れないので、内容を残してあります。)

以前のフロントページ

こんにちは。サイト管理人、そだひさこです。

ここのところ頑張って記事の追加&すでに書いた記事の書き直しを済ませました。
やっと先に進めるかな、というところです。(^_^;)フー

「かけらとは何ぞや?」とか「どうやって使うの」は、この記事を読めばわかる!と思います。

「かけら」を使ってストーリー(プロット)を作ろう!

昔話についてのサイトなので、「えっ、そんな意味があるなんて知らなかった!面白い~」と思えるような、昔話のまめちしきカテゴリも追加して記事を書きました。

シンデレラの心は揺れていた。【昔話の「三回くりかえし」の意味】

各記事の書き直しについては、今まで載せていなかった「あらすじ」を追加、図もわかりやすく直せるものは直し、楽しく読んでもらえるように「物語のイメージをふくらませる」ような画像を冒頭に追加しました。

コツコツ記事を追加&ダウンロードできるかけらの推敲を続けてゆきます。
あたたかく、見守ってください・・・ペコリ。