【馬がオオカミをひどい目にあわせる】をマンガで見る_0047B

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
オオカミが馬を食べようとするが、馬は頼み事があるといってオオカミを蹄のそばに行かせる。
そしてオオカミを蹴飛ばす。

【馬がオオカミをひどい目にあわせる】の話型をマンガで見る

画像1
1:オオカミが馬を食べようとするが、馬はその前に頼み事を聞いてくれという。
画像2
2:※頼みごととは:足からトゲを抜いてくれ、蹄鉄を取ってくれ、足の裏に名前が書いてあるから読んでくれ、食べるときは後ろから前へ食べてくれ。
画像3
3:オオカミが蹄に近づいたとき、馬はオオカミを蹴飛ばす。

一部の類話では

画像1
1:ライオンがオオカミとキツネを、動物会議を欠席したロバのところへ行かせる。オオカミたちがロバに、なぜ欠席したのかたずねると、ロバは免除の証書が蹄の裏にあるという。
画像2
2:オオカミが蹄に近づくと、ロバはオオカミを蹴飛ばす。

バリエーション

画像1
1:オオカミはキツネにそそのかされて、蹄の裏の名前を探そうとする。

バリエーション

画像1
1:オオカミが神に食べ物をくれと願って蹄を調べる。

バリエーション

画像1
1:オオカミは、自分は医者だといって蹄を調べる。

データ

話型カテゴリ 動物昔話>野獣>賢いキツネ(その他の動物)
話型No. 47B
話型タイトル 馬がオオカミをひどい目にあわせる
一般的なタイトル
文献資料など 『イソップ寓話』、13世紀『狐物語(Roman de Renart)』、12世紀のジャック・ド・ヴィトリ(Jacques de Vitry)の『一般説教集(Sermones vulgares)』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

オオカミ(ライオン)
馬(ラバ、ロバ、子馬)
キツネ(ジャッカル)
オオカミとキツネ(またはどちらか)
ロバ(馬、ラクダ)

アイテムなどのバリエーション

名前(系統図、年齢、売値)

ほかの話型との組み合わせ

122A、122B、122C、122D、122E、122F、122G、122H、122Z、122B*、122D*、122K*、122L*、122M*、122N*

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所