【水差しの罠】をマンガで見る_0068A

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
キツネが水差しに頭を突っ込んで抜けなくなり、人間に捕まる。
キツネは水差しを抜こうとして水差しを水に沈め、溺れ死ぬ。

【水差しの罠】の話型をマンガで見る

画像1
1:キツネが水差しの中の物を食べようとして頭を突っ込み、抜けなくなる。
画像2
2:そして人間に捕まる(殺される)。
画像3
3:キツネは水差しを抜こうとして水に沈め、溺れ死ぬ。

一部の類話では

画像1
1:キツネが水差しに腹を立て、自分の首(しっぽ)に結び付けて溺死させようとする。
画像2
2:しかし自分が溺れ死ぬ。

バリエーション

画像1
1:キツネは水差しを抜こうとして水に沈め(水差しを粉々に打ち砕こうとする)

参照:話型 1294、2B

データ

話型カテゴリ 動物昔話>野獣>賢いキツネ(その他の動物)
話型No. 68A
話型タイトル 水差しの罠
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所