【より強いものといちばん強いもの】をマンガで見る_2031

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
氷で怪我をしたアリが、氷がいちばん強いと思う。
しかし氷は、自分を溶かす太陽のほうが強いという。
太陽は、、、と続く話。

【より強いものといちばん強いもの】の話型をマンガで見る

画像1
1:アリが氷の上で怪我をする。アリは、氷がこの世で一番強いのだと思う。
画像2
2:しかし氷は、太陽は自分を溶かすから太陽のほうが強いという。
画像3
3:太陽は、雲は自分を隠すから雲のほうが強いという。
画像4
4:雲は、山のほうが強いという。
画像5
5:山は、草やネズミのほうが強いという。
画像6
6:ネズミは、猫のほうが強いという。
画像7
7:いちばん強いのは猫である。
画像8
8:(または、問題は未解決である)

データ

話型カテゴリ 形式譚>累積譚>その他の出来事を含む連鎖
話型No. 2031
話型タイトル より強いものといちばん強いもの
一般的なタイトル
文献資料など 8世紀アラビア『カリラとディムナ(Kalila and Dimna) 』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

アリ(スズメ、野ウサギ)
猫(クマネズミ、神、人間)

火、水、子牛、ナイフ、肉屋が登場するものもある

アイテムなどのバリエーション

ほかの話型との組み合わせ

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所