【穀物が1度に1粒ずつ運び出される】をマンガで見る_2301

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
主人が「終わりのない物語を語ることができる者と娘を結婚させる」という。
ある語り手が成功し、娘と結婚する。

【穀物が1度に1粒ずつ運び出される】の話型をマンガで見る

画像1
1:主人が「終わりのない物語を語ることができる者と娘を結婚させる」という。
画像2
2:多くの求婚者が挑戦し、失敗する。
画像3
3:ある若者がきて、語り始める。「農夫が大量の穀物を収穫し、大変喜んでいる。
画像4
4:するとその間にハツカネズミが1匹やってきて、穀物を一粒とっていく。次の日もそのハツカネズミがやってきて、穀物を一粒とっていく。また次の日も…」と、延々と続ける。
画像5
5:主人は我慢ができなくなって、若者と娘を結婚させる。

データ

話型カテゴリ 形式譚>その他の形式譚
話型No. 2301
話型タイトル 穀物が1度に1粒ずつ運び出される
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

主人(金持ちの農夫)
ハツカネズミ(鳥、コオロギ)
そのハツカネズミ(別のハツカネズミ)

アイテムなどのバリエーション

挑戦し、失敗する(そして殺される)

ほかの話型との組み合わせ

852

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所