【泥棒の課題】をマンガで見る_1525A

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
貧しい家の役立たずの若者が、盗みの技を学び、泥棒の名人として帰ってくる。
そして伯爵の前で自分の腕を自慢する。
伯爵は3つのテストを要求する。

【泥棒の課題】の話型をマンガで見る

画像1
1:貧しい家の役立たずの若者が、盗みの技を学び、泥棒の名人として帰ってくる。そして彼(彼の父親)は伯爵(名付け親)の前で自分の腕を自慢する。
画像2
2:1:泥棒の名人は、守られた馬小屋から馬(犬)を盗む。→ お婆さん(物乞い)に変装し、作男たち(見張りたち、兵隊たち)にリキュール(薬)を飲ませて眠らせる。
画像3
3:2:泥棒の名人は、伯爵の妻のベッドカバー(シャツ)と結婚指輪を盗む。→ 伯爵が死体(藁の人形)を撃って、その死体を埋めに行くよう画策する。泥棒は伯爵の妻に、伯爵がベッドカバーと指輪を死体のために必要としていると伝える。
画像4
4:3:泥棒の名人は、司祭と教会の雑用係を袋に閉じ込める。そしてカニたちの背中にろうそくを乗せる。司祭と雑用係は泥棒を天使だと思い、光をさまよえる魂だと思う。泥棒は袋をガチョウ小屋に運ぶ(鐘の塔か煙突に吊るす)
画像5
5:このテストの後、泥棒の名人は国から追放される。(許される、報酬を与えられる)

参照:話型 1737、1740、328

データ

話型カテゴリ 笑話と小話>男に関する笑話>賢い男
話型No. 1525A
話型タイトル 泥棒の課題
一般的なタイトル
文献資料など ストラパローラ(Straparola)の『楽しき夜(Piacevoli notti) 』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

特に、950、1525D、1535、1737、
および、653、804B、1004、1071、1072、1084、1525B、1525E、1539、1735、1740

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所