【けちな家】をマンガで見る_1567

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
雑録話型:
主人が食事をケチるので、使用人たちは主人にもっと食べ物を出させるようにする。

【けちな家】の話型をマンガで見る

画像1
1:けちな農場主が、作男にパンの皮を食事として出す。
画像2
2:作男は、柔らかいパンのほうが早く満腹になるというので、農場主は両方を与える。

スペインの版:

画像3
3:女主人が仕立屋に卵1つしか出さない。仕立屋はそれについて短い歌を歌う。
画像4
4:次の食事のとき、女主人は仕立屋に2つの卵を出す。仕立屋は、もっとたくさんの卵とソーセージなども出させる歌を作曲する。

画像5
5:ある農場主は、食事に出す分のバターを売ろうと思って、作男たちにバターを出さない。
画像6
6:作男たちは、魚で「バター売り」の人形を作る。農場主がそれは何かと尋ね、作男たちが説明すると、農場主は哀れに思い、彼らにバターを出す。

参照:話型 1389*

データ

話型カテゴリ 笑話と小話>男に関する笑話>賢い男
話型No. 1567
話型タイトル けちな家
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所