【いやいやながら医者にされ】をマンガで見る_1641B

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
夫に叩かれた妻が、「自分の夫は有名な医者で、殴られないと処方箋を書くことができない」と公言して夫に仕返しをする。
にせ医者は、愚かなふるまいによって病気の姫を激しく笑わせ、その結果、姫の喉の腫れ物が開いて回復し、姫はよくなる。

【いやいやながら医者にされ】の話型をマンガで見る

画像1
1:夫に叩かれた妻が、「自分の夫は有名な医者で、殴られないと処方箋を書くことができない」と公言して夫に仕返しをする。
画像2
2:にせ医者は、愚かなふるまいによって病気の姫を激しく笑わせ、その結果、姫の喉の腫れ物が開いて回復し、姫はよくなる。(姫の喉から魚の骨が取れる)

データ

話型カテゴリ 笑話と小話>男に関する笑話>幸運な出来事
話型No. 1641B
話型タイトル いやいやながら医者にされ
一般的なタイトル
文献資料など ジャック・ド・ヴィトリ(Jacques de Vitry)の『一般説教集(Sermones vulgares)』、ファブリオー「百姓医者(Du vilain mire)」、モリエール(Moliére)のコメディー『いやいやながら医者にされ(Le médecin malgré lui)』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

1641、1641C

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所