【宝の夢を買う】をマンガで見る_1645A

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
王が木の下で寝入る。
王の口から動物が這い出て、川を渡り山の入口に入っていく。
そして戻ってきて、寝ている王の口に入る。
これを召し使いが見ていた。
王は目を覚まし、山に入って宝を見つける夢を見たと話す。
召し使いは自分が見たことを話す。
王は山の中を調べ、宝を見つける。

【宝の夢を買う】の話型をマンガで見る

画像1
1:王が木の下で寝入る。召し使いが、王の口から動物が這い出て、川に行き、川を渡ろうとするのを見る。
画像2
2:召し使いは剣を川に渡してやる。すると動物はそれを渡り、山の入口に入っていく。あとで動物は戻ってきて、寝ている王の口に入る。
画像3
3:王は目を覚まし、自分は川を越えて鉄の橋を渡り、山に入り、そこでたいへんな宝を見つける夢を見たと話す。
画像4
4:召し使いは自分が見たことを王に話す。王は山の中を調べ、たいへんな宝を見つける。王はその宝を教会に寄付する。

一部の類話では

画像1
1:多くの類話では、誰か他の人が夢を買い、それから宝を見つける。

データ

話型カテゴリ 笑話と小話>男に関する笑話>幸運な出来事
話型No. 1645A
話型タイトル 宝の夢を買う
一般的なタイトル グントラム(Guntram)
文献資料など パウルス・ディアコヌス(Paulus Diaconus)の『ランゴバルド史(Historia Langobardorum)』、ペトルス・デ・ナタリブス(Petrus de Natalibus)の『聖人とその行いの目録(Catalogus sanctorum rt gestorum eorum)』、および『ゲスタ・ロマノールム(Gesta Romanorum)』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所