【恐怖のあまり死ぬ】をマンガで見る_1676B

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
怖い物などないと言い張る男が、夜中に墓地に行くことになる。
証拠として墓にナイフをさすことになるが、男はナイフを刺すときに自分の服もいっしょに刺してしまい、墓をあとにできない。
男は死者につかまれて引き戻されるのだと思い込み、恐怖で死ぬ。

【恐怖のあまり死ぬ】の話型をマンガで見る

画像1
1:怖い物など何もないと言い張る男(兵隊、メイド)が、夜中に墓地に行くことができるくらい勇気があるか賭けをする。自分が墓に行った証拠として、男はナイフ(フォーク、紡錘)を墓の1つに刺すことになる。
画像2
2:男はそれをするが、ナイフを墓に突き刺すときに、ナイフが服もくわえ込んでしまう。
画像3
3:男が墓をあとにしようとすると、つかまれていると感じ、男は死者(悪魔)が自分を引き戻そうとしていると思う。男は恐怖で死ぬ。次の朝、男が墓に横たわっているのが見つかる。

データ

話型カテゴリ 笑話と小話>男に関する笑話>愚かな男
話型No. 1676B
話型タイトル 恐怖のあまり死ぬ
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所