【1度も女を見たことのない少年】をマンガで見る_1678

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
ある少年は1度も女を見たことがない。
14歳になったとき、町で初めて少女たちを見て、父親に、家につれて帰るためにいくつか買ってくれと頼む。

【1度も女を見たことのない少年】の話型をマンガで見る

画像1
1:ある少年は、母親が死んだあと人里離れた所で育てられ、1度も女を見たことがない。少年が14(18)歳になったとき、父親は少年を近くの町に連れていく。
画像2
2:少年は初めて少女たちを見て、父親に、あいつらは何の種類の生き物か(動物か)と尋ねる。父親は、あいつらは小さな悪魔(ガチョウ)だと答える。
画像3
3:少年は父親に、家に連れて帰るためにいくつか買ってくれと頼む。

バリエーション

画像1
1:または、少年は、何がいちばん気に入ったかと人に聞かれ、「悪魔たち」と答える。

参照:話型 1545B

データ

話型カテゴリ 笑話と小話>男に関する笑話>愚かな男
話型No. 1678
話型タイトル 1度も女を見たことのない少年
一般的なタイトル
文献資料など ジャック・ド・ヴィトリ(Jacques de Vitry)の『一般説教集(Sermones vulgares)』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所