【仲間たちは音頭取りと同じように歌うこと】をマンガで見る_1694

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
酔った2人がいっしょに歌うことにする。
音頭取りの足が車輪に挟まれ、助けを求めるが、それも歌だと思われて仲間がそれを繰り返す。

【仲間たちは音頭取りと同じように歌うこと】の話型をマンガで見る

画像1
1:大市(結婚式)から帰る途中の2人の(酔っている)男(夫婦、グループの人たち)がいっしょに歌うことにする。
画像2
2:音頭取りの足が車輪に挟まれる。彼(彼女)は助けを求めて叫ぶが、誰にもわからない。
画像3
3:叫び声は歌の一部だと思われて、仲間がそれを繰り返す。しばしば音頭取りの足は荷馬車が止まる前に折れる。

一部の類話では

画像1
1:ベルベル人の類話では、町から来た教師が山岳地帯の人たちにコーランの祈りを教えることになる。人々は外に立って教師に続いて祈りの言葉を繰り返す。
画像2
2:教師は地面にかがみ、ふだん泥を避けるのに使っている板に額を当てる。教師の鼻が板に挟まる。教師は助けてくれと叫ぶ。
画像2
2:しかし人々はそれを祈りの一部だと思い、熱心にその言葉を繰り返す。
画像2
2:教師は鼻の先が引きちぎれる。教師は人々に、最初にアラビア語を学ばなければいけないと告げて去っていく。

参照:話型 1246、1825D*、1832M*

データ

話型カテゴリ 笑話と小話>男に関する笑話>愚かな男
話型No. 1694
話型タイトル 仲間たちは音頭取りと同じように歌うこと
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所