【美声の聖職者】をマンガで見る_1834

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
聖職者が歌うと、あるお婆さんが泣き始める。
聖職者はお婆さんに、なぜ泣くのかと尋ねる。
お婆さんは、聖職者の声が、最近死んだお婆さんのヤギを思い出させるのだと答える。

【美声の聖職者】の話型をマンガで見る

画像1
1:聖職者は、自分が歌うと(説教すると)、あるお婆さんが泣き始めるのに気づく。聖職者は、自分の歌が、お婆さんの心に深く響いていると思い、もっと力強く歌う。
画像2
2:礼拝のあと、聖職者はお婆さんになぜ泣いていたのかと尋ねる。お婆さんは、聖職者の声(あごひげ、顔)が最近死んだ彼女のヤギ(ロバ)を思い出させたのだと答える。

一部の類話では

画像1
1:一部の類話では、女は、聖職者が神学を勉強している息子のことを思い出させると答える。女は、それがお金の無駄遣いであるので泣いている。

データ

話型カテゴリ 笑話と小話>聖職者と宗教に関わる人物に関する小話>宗教に関わる人物に関するその他の小話
話型No. 1834
話型タイトル 美声の聖職者
一般的なタイトル
文献資料など ジャック・ド・ヴィトリ(Jacques de Vitry)の『一般説教集(Sermones vulgares)』、ポッジョ(Poggio)の『笑話集(Liber Facetiarum)』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所