【3人の怠け者】をマンガで見る_1950

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
王が、息子3人のうち、いちばん怠惰な者に王国を譲ろうと思う。
息子たちは自分の怠惰ぶりを自慢する。
王は3人目の息子に王国を与える。

【3人の怠け者】の話型をマンガで見る

画像1
1:王が3人の息子のうちいちばん怠惰な者に王国を譲ろうと思う。それぞれが自分の怠惰を自慢する。
画像2
2:1人目の息子は、横になっているときに水が目に落ちてきても、目を閉じないほど怠け者だという。
画像3
3:2人目の息子は、火の近くに座っていて、足が燃え始めても、足を引っ込めないほど怠け者だという。
画像4
4:3人目の息子は、絞首刑になって、手にナイフを持っていたとしても、ナイフを使ってロープを切らないほど怠け者だという。王は3人目がいちばん怠け者だと判定し、彼に王国を与える。

画像5
5:他の型では:5人の息子たちが自分たちの怠惰を自慢する。1人目の息子は、何かを食べるときに口を閉じないほど怠け者で、鳥たちがパンを持ち去る。
画像6
6:2人目の息子は、火から足を引っ込めようとしない。3人目の息子は、ハツカネズミに耳をかじられてもほうっておく。
画像7
7:4人目の息子は、絞首刑のロープを切ろうとしない。5人目の息子は、雨のしずくに自分の目を打たせておく。

データ

話型カテゴリ 笑話と小話>ほら話
話型No. 1950
話型タイトル 3人の怠け者
一般的なタイトル
文献資料など 『ゲスタ・ロマノールム(Gesta Romanorum)』、ヨハネス・ゴビ・ジュニア(Johannes Gobi Junior)の『スカーラ・コエーリ(Scala coeli)』、ジャラール・ウッディーン・ルーミー(Ğalāloddin Rumi)の『精神的マスナヴィー(Masnavi-ye ma’navi)』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所