【呪的逃走】をマンガで見る_0313

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
さまざまな導入部が、2つの主部「呪的逃走」と「忘れられた婚約者」に結びつく。
 
主部「呪的逃走」:
娘と若者は追ってくる父親を欺きながら逃げる。
(口をきく物を残す、自分たちをさまざまな物や人物に変える、魔法の品を投げて障害物にする)
 
主部「忘れられた婚約者」:
若者が婚約者を残して故郷を訪ねる。
しかし婚約者の言葉を忘れて禁令を破り、今までのことを忘れてしまう。
婚約者は魔法的な方法で若者の記憶を呼び覚ます。

【呪的逃走】の話型をマンガで見る

導入のエピソード1:

画像1
1:鳥たちと動物たちの戦争のあと、傷ついたワシが男に保護され、ワシは男に箱を与える。
画像2
2:男は帰宅するまで箱を開けてはならなかったが、開けてしまい、城が現れる。箱を閉じるのを巨人が手伝ってくれる。
画像3
3:男は巨人に、これから生まれてくる自分の息子を与えることを約束する。
画像4
4:(導入のエピソード1の類話)デーモンか巨人か悪魔に少年を与える約束がされる。または少年が自分をデーモンに与える約束をする。
画像5
5:デーモンは若者に(しばしば3つの)不可能な課題を課す。
画像6
6:※不可能な課題:1晩で城を建てる、ふるいで池の水を汲み出す、ガラスの斧で森を切り倒す、魔法の馬を捕まえる。
画像7
7:若者はデーモンの娘に助けられて課題をクリアする。
画像8
8:若者が娘と結婚するには、娘とそっくりな女たち(娘の姉妹たち)の中から娘を特定しなければならない。

導入のエピソード2:

画像9
9:若者が水浴びをしている少女たち(少女に変身した白鳥たち)のなかの1人から、白鳥の衣を盗む。
画像10
10:少女は若者との結婚に同意し、父親の家に連れて行く。

導入のエピソード3:

画像7
7:重い皮膚病にかかった王が、自分の病気を外国の王子の血で治そうとする。そしてその王子を捕まえて、40日間菓子の食事を与える。
画像8
8:姫がこの王子に恋をする。

主部「呪的逃走」:

画像9
9:デーモンの娘は若者と一緒に逃げる。追ってくる父親を欺くために、魔法で口をきく物(つば、血)を残す。
画像10
10:しかし欺ききれずに父親が2人を追ってくる。娘は自分と若者をさまざまな物や人物に変身させる(または魔法の品を投げて障害物に変える)
画像7
7:※さまざまな物や人物:バラとイバラのやぶ、教会と司祭、湖とカモ。※魔法の品:櫛、ブラシ、鏡、など
画像8
8:3回目の変身のあと、父親はあきらめざるをえない。

「呪的逃走」の一部の類話では:

画像9
9:2人の子ども(兄と妹)が魔女から逃げる。

主部「忘れられた婚約者」:

画像10
10:若者は婚約者を残して故郷を訪ねる。その際、婚約者は禁令を課す。
画像7
7:しかし若者は禁令を破り、誰かにキスし、今までのことを忘れてしまう。
画像8
8:若者が他の女と結婚しようとしているとき、婚約者は魔法的な方法で若者の記憶を呼び覚ます。
画像9
9:※魔法的な方法:3人の求婚者を恥ずかしい状況の中におく、婚礼の馬車を動けなくする、鳥を使って若者に記憶を思い出させる、新しい花嫁から3晩の新婚の床を買い、3晩目に若者の記憶を呼び覚ますことに成功する
画像10
10:若者は本当の花嫁と結婚する。

参照:話型 222、537、400、465A、310

データ

話型カテゴリ 魔法昔話>超自然の敵
話型No. 313
話型タイトル 呪的逃走
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

ワシ(ワシの親族)
導入部:デーモン(巨人、悪魔)
呪的逃走:デーモン(王)
魔女(デーモン、竜、鬼、オオカミ、悪い継母)

アイテムなどのバリエーション

あきらめざるをえない(死ぬ)
誰かにキスし(何かを食べ)

ほかの話型との組み合わせ

特に、222B、300、301、302、303、303A、310、311、312、314、315、325、327A、327B、329、400、402、408、425、450、480、502、511、518、531、537、552、563、707、884、1115、1119

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所