【美女と野獣】をマンガで見る_0425C

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
商人の3人の娘が旅の土産に、上の2人は宝石と服、末の娘はバラを欲しがる。
父親は人のいない城でバラを見つけて折り取るが、動物が父親に戻ってくるか代わりの者をよこすように要求する。
末の娘が代わりの者として動物のところに行く。
動物は娘に親切だが、娘は動物と結婚することを拒む。
娘はあるとき病気の父を訪ね、戻ると、動物が死にかけている。
それを見て娘は自分が動物を愛していることに気づく。
娘は動物の魔法を解き、動物の姿から解放する。

【美女と野獣】の話型をマンガで見る

画像1
1:商人が旅に出るときに、土産は何がいいかと3人の娘にたずねる。上の2人は宝石と服、末娘はバラを欲しがる。
画像2
2:商人はバラを見つけられず、道に迷って、人のいない城で夜を過ごす。そこで父はバラを見つけて折り取る。すると(目に見えない)動物(野獣)が父親に、戻ってくるか、代わりの者をよこせという。
画像3
3:末娘は父親の代わりに動物のところへ行く。動物は娘に親切だが、娘は(醜い)動物と結婚することを拒む。
画像4
4:娘は魔法の鏡を見て父の病気を知り、父を訪ねる許しをもらう。そして、(嫉妬深い姉たちにそそのかされて)割り当てられた時間よりも長居をしてしまう。
画像5
5:娘が戻ると動物が死にかけている。それを見た娘は、自分が動物を愛していることに気づく。
画像6
6:娘は動物を抱きしめる(キスをする)。すると動物は魔法から解かれ、王子の姿になる。2人は結婚する。

データ

話型カテゴリ 魔法昔話>超自然の、または魔法にかけられた妻(夫)またはその他の親族>夫
話型No. 425C
話型タイトル 美女と野獣
一般的なタイトル
文献資料など ヴィルヌーブ夫人(Mme.de Villeneuve)の『美女と野獣(La Bella et la bête) 』、ボーモン夫人(Mme.de Beaumont)の同名の説話。オーノワ夫人(Mme.d’Aulnoy)の『羊(Le Mouton)』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

300、425、425A
 
※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります
 
※話型425Cは、冒頭部の「娘たちへの贈り物」と、探索のモチーフがないことが特徴。

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所