【異界への橋】をマンガで見る_0471

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
3人兄弟が、仕事か妹を探すために、順に出発する。
そして難しい課題を与えられる。
兄たちは失敗して石に変えられる。
弟は指示に従い橋を渡る。
弟は祭壇からパンとワインを取って、超自然の存在のところに持っていく。
弟は褒美をもらい、兄たちは魔法を解かれる。

【異界への橋】の話型をマンガで見る

画像1
1:3人兄弟が、仕事(異界で結婚していなくなった妹)を探すために、順に出発する。
画像2
2:兄弟たちは課題を与えられる。7頭の子馬の世話をし、1日の終わりに、動物の餌の一部を持って帰らなければならない。
画像3
3:兄たちは失敗し(鳥に誘われる、お婆さんに説得されて休む、特定の橋を渡ることに失敗する)、石に変えられる。
画像4
4:末の弟は指示に従い、橋を渡る。
画像5
5:末の弟は不思議な光景を見る。(痩せた牧草地の肥えた牛と青々とした牧草地の痩せた牛、互いにぶつかり合う石、教会に出たり入ったりする動物たちが人間になり、聖餐式に出る。)
画像6
6:弟は祭壇からパンとワインを取って、超自然の存在のところに持っていく。
画像7
7:不思議な光景のことを説明される。(牧草地の牛は、かつて金持ちと貧乏な人間であった。ぶつかり合う石は、言い争っていた人たちで、異界でも争いを続けることを強いられている。教会の動物たちは、天使たち、司祭たち、変身した王子たちである。)
画像8
8:末の弟は褒美をもらい、兄たちの魔法は解かれる。

一部の類話では

画像1
1:一部の類話では、兄弟は超自然の存在(太陽、死神)に付き添わねばらなず、口をきいても気を散らしてもならない。

データ

話型カテゴリ 魔法昔話>超自然の課題
話型No. 471
話型タイトル 異界への橋
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

子馬(雄牛)

アイテムなどのバリエーション

動物の餌の一部(その他の物)

ほかの話型との組み合わせ

470、750B、750*

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所