【王の寝室を守る兄弟たちとヘビ】をマンガで見る_0916

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
王の寝室を守る兄弟のうち1人が、寝室でヘビを見つけて殺す。
蛇の毒が妃の上に落ちる。
彼が毒を拭いていると妃が目を覚まし、自分を襲おうとしたと責める。
他の兄弟たちが早まった判決に対して物語を語る。
翌朝、真実が明らかになる。

【王の寝室を守る兄弟たちとヘビ】の話型をマンガで見る

画像1
1:数人の兄弟が王の寝室を守るために雇われる。
画像2
2:1人目が寝室で蛇を見つけて殺す。すると蛇の毒が妃の上に落ちる。
画像3
3:その毒を拭いていると、妃が目を覚まし、自分を襲おうとしたと責める。
画像4
4:他の兄弟たちは、この早まった判決に反対し、物語を語る。
画像5
5:物語1:潔白な犬 犬が主人の子どもをヘビから救うが、主人は犬の口が血だらけなのを見て犬が子どもを食べたと思い、犬を殺す。のちに主人は死んだヘビを見つけて自分の間違いに気づく。(178A)
画像6
6:物語2:忠実な犬が借金の担保になる 貧しい男が借金の担保に自分の犬を裕福な男に渡す。犬は泥棒を追い払って裕福な男を助ける。裕福な男は感謝して、借金を取り消すと書いた手紙をつけて犬を返す。しかし貧しい男は犬が逃げ出してきたと思い、手紙を見つける前に犬を殺す。(178B)
画像7
7:物語3:ハヤブサと毒入りの水 王が狩りに出たとき、カップの水を飲もうとすると王のハヤブサがカップを叩き落とす。王は激怒してハヤブサを殺す。のちに王はカップが蛇の毒でいっぱいだったことに気づく。(178C)
画像8
8:物語4:オウムと若返りの果物 オウムが主人(王)に若返りの果物を持ってくると、ヘビはオウムに気づかれずに果物に毒を落とす。王が果物の一つを犬に与えると犬は死ぬ。王はオウムを殺す。あとから真実が明らかになる。
画像9
9:翌朝、真実が明らかになる。

参照:話型 516、178A、178B、178C

データ

話型カテゴリ 現実的説話(ノヴェラ)>いい教え
話型No. 916
話型タイトル 王の寝室を守る兄弟たちとヘビ
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

178A、178B、178C

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所