【塩のように愛す】をマンガで見る_0923

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
王が3人の娘に、どれほど王のことを愛しているかをたずねる。
2人の姉は高価なものに例えるが、末娘は塩のように愛していると答える。
王は怒って末娘を追放する。
しかしのちに、塩が不可欠なものであることに王は気づく。

【塩のように愛す】の話型をマンガで見る

画像1
1:王が3人の娘に、王のことをどれだけ愛しているかとたずねる。2人の姉は高価な物(甘い物)に自分の愛をたとえる。
画像2
2:末の娘は塩のように王を愛しているという。王はこの言葉に腹を立て、末の娘を追放する。そして2人の姉には褒美を与える。
画像3
3:末の娘は外国で女中として働き、のちにその国の王と結婚する。そして父親を結婚披露宴に招待する。
画像4
4:末の娘は父親に、塩を全く入れていない料理を出す。父親は、塩は不可欠なものであることに気づく。
画像5
5:末の娘は自分の身分を明かす。

参照:話型 510B

データ

話型カテゴリ 現実的説話(ノヴェラ)>賢い行動と言葉
話型No. 923
話型タイトル 塩のように愛す
一般的なタイトル
文献資料など シェークスピア(Shakespeare)の『リア王(King Lear) 』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

王(金持ちの男)

アイテムなどのバリエーション

高価な物(甘い物)(金、宝石、砂糖、ハチミツ、高価な衣服)

ほかの話型との組み合わせ

510B、875、923A、923B

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所