【死の予言の諸説話】をマンガで見る_0934

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
雑録話型:
ある人物の死の予言に関するさまざまな説話を包括する。

【死の予言の諸説話】の話型をマンガで見る

画像1
1:1:生まれたばかりの子ども(大人)の、未来の死の時期と死に方が運命の女神ノルンたち(乳母、裁判官、など)に(夢の中で)予言される。子どもの両親は予言を立ち聞きする(別の人物から予言を聞く)。
画像2
2:様々な死に方:自然の力(嵐、雷雨、倒れてくる木)による死、動物(オオカミ、トラ、ヘビ、馬)による死、溺死、水を飲んでいるときの死、羊の毛を刈っているときの死、毒による死、結婚式の日の死、絞首刑による死。
画像3
3:ある人物が3重の死を迎えることが予言される(餓死と焼死と溺死)。これを逃れるためにさまざまな予防策が講じられる(壁の中に閉じ込められ、隔離され、塔の中にかくまわれる)。しかし予言は現実となる。

一部の類話では

画像1
1:定められた運命は(援助者、継母、ワシ、計略によって)避けられる。

参照:話型 506*、899、934D¹

データ

話型カテゴリ 現実的説話(ノヴェラ)>運命の説話
話型No. 934
話型タイトル 死の予言の諸説話
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所