【40人の盗賊】をマンガで見る_0954

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
この説話は2部からなる。
 
1:強盗が「開けゴマ」と呪文を唱えて山に入るのを貧しい男が目撃する。
男は呪文を試し、山の中の黄金を見つけ、家に持ち帰る。
 
2:貧しい男に升を貸した兄が秘密を知る。
兄は山に行くが、呪文を忘れたために強盗たちに切り刻まれる。
弟は兄を埋葬する。
強盗たちは復習を計画し、アリ・ババの家を見つけ出し、チョークで丸いしるしをつける。
すると女中が、すべての他の家に同じしるしをつける。
強盗の首領は商人に変装し、自分と油の壺を積んだラバを泊めてくれるように頼む。
女中がランプ用の油を取りに行ったとき、油は1つの壺にだけ入っており、残りの壺には強盗の仲間たちが隠れていることに気づく。
女中は熱い油を壺に注いで強盗たちを殺す。
強盗の首領は逃げ、変装して戻ってくる。
女中はそれが強盗の首領だと気づき、殺す。
男は自分の息子と女中を結婚させる。

【40人の盗賊】の話型をマンガで見る

この説話は2部からなる。
1:

画像1
1:強盗たちが「開けゴマ」と呪文を唱えて山に入っていくのを貧しい男が目撃する。
画像2
2:男が呪文を試して山に入ってみると、莫大な量の黄金を見つける。男はそれを家に持って帰る。

2:

画像3
3:男に計量升を貸した欲張りな兄が、升に残っていた金貨を見つけて秘密を知る。そして山に行くが、呪文を忘れたために強盗たちに見つかり、バラバラに切り刻まれる。
画像4
4:兄の妻の頼みで、男は兄の遺体を取ってきて、靴職人に縫い合わせてもらい、埋葬する。
画像5
5:強盗たちは復習を計画し、靴職人によってアリ・ババの家を見つけ、チョークで丸いしるしをつける。
画像6
6:女中が、すべての他の家にも同じようにしるしをつける。
画像7
7:強盗の首領は商人に変装し、自分と、油の壺を積んだラバを泊めてくれるように木こりに頼む。
画像8
8:女中がランプ用の油を取りに行くと、油が入っている壺は1つだけで、他の壺には強盗の仲間たちが隠れていることに気づく。
画像9
9:女中は熱い油を壺に注いで強盗たちを殺す。
画像10
10:強盗の首領は逃げ、変装して戻ってくる。
画像9
9:夕食のときに彼は(主人に感謝しなくてもいいように)塩を入れていない食事を所望する。そのため女中は怪しく思い、強盗だと見破り、殺す。
画像10
10:褒美として、男は女中を自分の息子と結婚させる。

データ

話型カテゴリ 現実的説話(ノヴェラ)>強盗と人殺し
話型No. 954
話型タイトル 40人の盗賊
一般的なタイトル アリ・ババ(Ali Baba)
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

貧しい男(木こり)
女中(娘)
息子(甥)

アイテムなどのバリエーション

油の壺(樽)
(求婚者に)変装して

ほかの話型との組み合わせ

613、735、950、956B、1535

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所