【強盗たちの家の熱い部屋】をマンガで見る_0956

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
ある男がたまたま強盗の家に入る。
そこにはたくさんの死体がある。
強盗たちが戻ってくると、男は彼らの首を切り落とし、彼らの財宝を取る。

【強盗たちの家の熱い部屋】の話型をマンガで見る

画像1
1:ある男がたまたま強盗の家に入る。そこにはたくさんの死体がぶら下がっている。
画像2
2:強盗たちが戻ってくると、男は彼らの首を切り落とし、彼らの財宝を取る。

バリエーション

画像1
1:男がたまたま強盗の家に入る。(男は熱い部屋に閉じ込められ、そこでは人間の脂肪が溶かされている。)

データ

話型カテゴリ 現実的説話(ノヴェラ)>強盗と人殺し
話型No. 956
話型タイトル 強盗たちの家の熱い部屋
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

ある(太った)男
男(商人、兵隊、船乗り、警官)

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

304、311、952、956B

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所