【太陽がすべてを明るみに出す】をマンガで見る_0960

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
ある男が別の男に襲われて死ぬ。
死ぬ直前に男は「澄んだ太陽がすべてを明るみに出すだろう」という。
後にこの強盗は結婚し家族を持つ。
ある朝コーヒーカップに日の光が差し、反射して壁に模様を映し出す。
男はそれを見て、死んだ男の最後の言葉を口にする。
妻に言葉の意味をしつこく聞かれ、殺人のことを話す。
妻は秘密にするという約束を守らず、3日後には町じゅうの人たちが知ることとなり、男は有罪判決を下される。

【太陽がすべてを明るみに出す】の話型をマンガで見る

画像1
1:ある男が別の男に襲われて死ぬ。死ぬ直前に男は、「澄んだ太陽がすべてを明るみに出すだろう」という。
画像2
2:強盗は死んだ男を茂みに捨てて旅を続ける。
画像3
3:強盗は次の街で結婚し、家族を持つ。ある朝、男のコーヒーカップに日の光がさして壁に模様を映し出す。それを見た男は、死んだ男の最後の言葉を口にする。
画像4
4:その言葉の意味を妻にしつこく聞かれ、男はついに、秘密にするという約束で、妻に殺人のことを話す。
画像5
5:しかし妻は約束を守らず、3日後には町じゅうの人たちが知ることになる。男は有罪判決を下される。

データ

話型カテゴリ 現実的説話(ノヴェラ)>強盗と人殺し
話型No. 960
話型タイトル 太陽がすべてを明るみに出す
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

ある男(ユダヤ人、家畜売買人、少女)
別の男(仕立屋、御者、宿屋の主人)

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

780

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所