【嵐に生け贄として捧げられた男】をマンガで見る_0973

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
一隻の船が嵐に会う。
船上の1人の男が海難の原因のように思われる。
その男を突き止めて海に投げ込むと、嵐は収まる。

【嵐に生け贄として捧げられた男】の話型をマンガで見る

画像1
1:一隻の船が嵐に会う。船上の1人の男、おそらく悪人が、海難の原因のように思われる。
画像2
2:嵐を静めるために、その男を突き止めて海に投げ込まなければならない。罪人をくじ引きで(さいころを投げて)見つけ、海に投げ込む。
画像3
3:嵐は収まる。

一部の類話では

画像1
1:一部の(キリスト教の)類和では、罪人が自らの行いを告白し、嵐が収まる。

データ

話型カテゴリ 現実的説話(ノヴェラ)>その他の現実的説話
話型No. 973
話型タイトル 嵐に生け贄として捧げられた男
一般的なタイトル
文献資料など クセノフォン(Xenophon)の『キュロスの教育(kyrou paideia)』、ホラティウス(Horace)の『歌章(Odes)』
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

 

アイテムなどのバリエーション

 

ほかの話型との組み合わせ

 

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所