【悪魔の謎かけ】をマンガで見る_0812

マンガイラストが準備できてないことを知らせるイラスト

だいたいこんな話
お金と引き換えに7年後に自分の身を悪魔にやると約束した男が、7年後に悪魔の出す謎を解くことに成功して、契約から解放される。

【悪魔の謎かけ】の話型をマンガで見る

画像1
1:男がお金と引き換えに、一定の期間(7年)が過ぎたら悪魔に魂をやると約束する。そのときにもし、悪魔の出す3つの謎を解くことができたら男は契約から解放される。
画像2
2:その謎とは:悪魔が持っているものが本当は何かを当てなければならない。雄ヤギは馬、服はヤギの皮、黄金のカップは松ヤニのカップ、焼いた肉は死んだ犬、スプーンはクジラのあばら骨、ワイングラスは馬の蹄。
画像3
3:または:ハチミツよりも甘いものは何か。白鳥の綿毛よりも柔らかいものは何か。石よりも硬いものは何か。または1から7の数字の象徴的な意味についてたずねる。または不可能な課題を出す。
画像4
4:謎の答えを知る経緯:お婆さんが謎解きを手伝ってくれる。男が木の上に隠れ、悪魔と友人の話を盗み聞きする。悪魔の祖母が男を隠し、悪魔から答えを聞き出す。他の存在の援助で秘密を聞く。
画像5
5:男は悪魔の謎を解き、契約から解放され、悪魔から逃れることができる。

参照:話型 2010

データ

話型カテゴリ 宗教的昔話>悪魔
話型No. 812
話型タイトル 悪魔の謎かけ
一般的なタイトル
文献資料など
日本に類話は? ある

登場者のバリエーション

男(腹をすかせた3人の兵隊)
悪魔(竜の姿をした悪魔)
お婆さん(悪魔の祖母)
他の存在(天使、聖アンドレアス、ジプシー)

アイテムなどのバリエーション

お金(食べ物)
3つの(7つの)謎

ほかの話型との組み合わせ

360、361、545D*、613

※日本に類話のある話型を中心にサイトを構成しているので、記事のない話型があります

参考文献(出典)

国際昔話話型カタログ 分類と文献目録
ハンス=イェルク・ウター 著
加藤耕義 訳
小澤俊夫 日本語版監修
小澤昔ばなし研究所