踊ってすり切れた靴

魔法昔話

踊ってすり切れた靴(昔話話型306)のあらすじと、筋書きのアレンジ

昔話の話型「踊ってすり切れた靴」のあらすじをタイムラインで紹介し、筋書きのアレンジも添えています。:姫が毎晩、寝室から出ないのに靴をはきつぶしている。王はその謎が知りたくて、姫の謎を解いたものには姫を妻として与えることにする。若者は自分の姿を見えなくする道具を手に入れて、姫のあとをつける。姫は地下の世界へ降りていって、悪魔と踊り明かしていた。…
2021.07.02
タイトルとURLをコピーしました