日本に類話がある

超自然の,または魔法にかけられた妻(夫)またはその他の親族

【いなくなった妻を捜す夫】

「いなくなった妻を捜す夫」という話型は、異なる3つの型があります。そのうちのひとつは日本の「天女の羽衣」のような型なのですが、簡単に言うと、服を脱いで水浴びをしている美しい娘の服を隠して自分の妻にするという話で…、現実でなくてよかった(笑
超自然の敵

【竜退治をする男】若者が竜を退治して救った姫と結婚する

若者が姫をドラゴンから救い出し、めでたく結婚…できたはずなのに、若者はフラフラどこかへ行ってしまいます。その間に姫はペテン師に脅されて、ペテン師と結婚しなければならなくなります。姫は父に懇願して結婚式を延期し、若者の帰りを待ち続けます…。
夫婦に関する笑話

【運のいいハンス】七年分のお給料が重すぎて持って帰れない

七年間奉公したお給料が多すぎて、持て余したあげくにすっからかんになって家に帰るという、家族からしたら悲しすぎる話です(いや、笑い話です!)。ちょうどいい感じのお給料だったら、そのまま持って帰宅できたんでしょうねぇ。惜しいです…。
強盗と人殺し

【ランプシニトス】泥棒が王を感心させて姫と結婚する

二人組の泥棒の一人が罠にかかって動けなくなり、もうひとりの泥棒に「自分の身元がわからなくなるように、自分を殺して、自分の首を切って持ち去るように」頼む。もうひとりはいわれたとおりにする。…王は泥棒を捕まえるために「すべての男に自分の娘と寝ることを許す」。しかし王は娘に、やってきた男に「自分がした最も邪悪なことを告白」させることを命じておく。…
野獣

【魚泥棒】死んだふりをして荷車の魚を手に入れる

ウサギが道端で死んだふりをしている。 通りかかった漁師がウサギを見つけ、魚を積んだ荷車の上に、ウサギをぽいっと乗せる。 漁師が荷車を引いて歩きだすと、ウサギはそっと魚を落とし、自分もとびおりて、魚を持ってにげる。その一部始終を、キツネが見ていた。
スポンサーリンク